商品情報にスキップ
1 / 13

BlueOath

「美味しいが、とまらない」パラパラ本格炒め炒飯も簡単、おひとりさま用ミニ中華鍋

通常価格
¥11,000 JPY
通常価格
セール価格
¥11,000 JPY
Title
ミニ中華鍋、鉄蓋、ハンドルレザーカバーのセット商品
鉄蓋、ハンドルカバーの単品購入は各商品よりご購入ください。
  1. 重い中華鍋とはサ・ヨ・ウ・ナ・ラ!これからはおひとり様用、軽々ミニ中華鍋
  2. 使い込めば使い込むほど愛着が湧く!油馴染み良く焦げ付きにくい藤田金属独自の技術
  3. IH調理器にも対応!町工場の技術力が生んだ「サッ」と作って「パッ」と片付け、絶品料理に舌鼓

強火で鉄鍋をガシガシとあおる姿は、これぞプロの料理人!
初回の面倒な「から焼き」不要。滅多に使わなくても、油を塗らずに保管していても錆びない。適当に扱っても焦げつかず、それなのに炒め物はしっかり、しゃっきり美味しい。
おひとり様料理にぴったりな、ミニ中華鍋をお届けしたいと思います。
❏ 特徴
10個ものコダワリを詰め込みました。
(1) 藤田金属独自の技術
独自のへら絞り加工により20%の軽量化に成功しました。
(2) 鉄なのにサビにくい
鉄製の最初の使いにくさ(サビ・こびりつき)を解消するため、「ハードテンパー加工」という加工技術を施しております。
本体を真っ赤になるまで(約700℃)焼入れ、油に浸けることで、最初から油に馴染んだ状態を実現しました。手作業で処理するため大変手間がかかりますが、一つ一つ職人が丁寧に仕上げております。
油をなじませて使い込んでいけば、油と熱により完全な皮膜が出来て、焦げ付きにくい素晴らしい道具になります。鉄分が自然に摂取できるのも、この素材の特徴です。ほのかに青く光るような黒色と、無骨な素材感を味わえることも魅力です。
経年変化で出る味わいが、育て甲斐のあるパートナーに変貌します。
(3) 炒めものがめっぽう旨い
炒めものの旨さの理由は、フライパンと中華鍋の特徴の違いに隠されています。
鉄フライパンは蓄熱性が特長です。
鉄板が熱をしっかりと蓄えてそれを食材に伝えてくれまます。
中華鍋の場合、鉄板が薄いためコンロの火力を直に食材へ伝え、火力に対するレスポンスが非常に良いと言う具合です。熱を一気にしっかり捉えて、熱回りがとても良く、熱の表面積が広いので、炒め物の効率が良くなります。
強い火力で食材の表面から熱を通していく、あの炒め物特有の強いシャキシャキ感を中華鍋は生んでくれるのです。
カレーのスパイスを炒めるのも中華鍋が便利です。
(4) 強火OK
鉄は融点が1000℃以上なので、フッ素加工のように260℃で劣化せず、どんどん高温にしてもびくともしません。表面加工のフライパンを強火で使ってしまって加工をダメにした、そんな経験ありませんか?
ミニ中華鍋を使って、強火で一気に料理しましょう。強火だからこそ美味しい料理たくさんありますよね。
(5) 火加減のレスポンス
レスポンスの良さが、調理を簡単にしてくれます。
強火では、下手をすると食材に火が通る前に焦げてしまうこともあります。そうならないように食材の状態をよく見ながら、火を強めたり弱めたり、加減ができるのが中華鍋の良いところ。火力を調整するだけではなく、鍋を火に近づけたり離したりするだけで簡単に調整可能です。
自分の思った通りに扱える!これが本当に重要です。
(6) 様々な熱源対応
※IHに対応するため、底は平らになっています。
(7) 炒・焼・煮・茹・蒸・揚
中華鍋ひとつで事足りる。とりあえず鉄の中華鍋さえあれば調理のほとんどができてしまいます。フライパンでは難しい、煮る・茹でる・蒸す・揚げるもOKです。
底が深くなっている分,汁物や煮込み料理が作りやすい。これほどオールマイティな調理道具はミニ中華鍋しかないでしょう。
(8) 少ない揚げ油量
油がたまり、少量の油で揚げ物ができます。鉄製なので、高温でも大丈夫。フッ素加工のようにコーティングが劣化する心配もなし。料理人は、鍋を少し回すように動かしながら、素早く揚げています。少し厚みのある鉄のため、温度も一定になりやすく、少量の油でもカラりと揚がります。
(9) 一生もの
鉄の中華鍋は一生モノです。この小さなミニ中華鍋をずっと使ってください。使い込むとさらに使いやすくなってくるはずです。
(10) こだわりの持ち手と取っ手
取っ手の先端には丸穴が空いているため、S字フックにかけて収納可能。小さいのでサッと取り出して、パッと料理。
取っ手の反対側には握りやすく、熱くなりにくい、ステンレス製の持ち手も装備。